常に、新しいものに目を光らせ、イイ情報や商品を紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
●細胞老化を遅らせる 人の体はおよそ60兆個もの細胞からなり、細胞分裂により、新しく若い細胞が作られていきます。しかし、細胞が分裂できる回数には限界(ヘイフリック限界)があり、ある一定の回数まで分裂が進むとと細胞分裂が止まります。細胞分裂が止まると細胞の老化が始まり、最後にはアポトーシス(自己死)が誘導されます。
※細胞分裂が止まれば、当然、新しい若い細胞も作られなくなってしまい、細胞からなる器官の働きも衰えていくことになるのです。 細胞分裂の回数は、テロメアと呼ばれる染色体末端に存在する特殊な塩基配列と構造をとる遺伝子部分が、細胞分裂の度に短くなっていき、ある一定の長さにまで短くなることが原因です。 TA-65は、この短くなってしまったテロメアを伸ばす働きをもつ酵素“テロメラーゼ”を活性化します。 ヒトの培養細胞でのテロメア伸長、マウスでのテロメア伸長と運動機能、記憶機能の向上が確認され、パットンプロトコール-1と呼ばれる人での1年以上にもわたる試験では、短くなったテロメアの伸長、NK細胞や好中球などの免疫関連細胞の機能向上などが確認されています。
●健康に関係するテロメアを伸ばす テロメアが短い人はテロメアが長い人よりも病気にかかりやすいことが知られています。また、ウィルス感染を含めた慢性的なストレス、喫煙、高脂血症、糖尿病などもテロメアを短くすることが知られています。 テロメアを長く保つことは、老化に伴って生じる様々なトラブルの予防と改善につながる可能性が期待されているのです。